国内旅行で絶景を楽しむ

国内旅行で絶景を楽しむ

都会で生活をしていると、なんだかビルばかりで窮屈になってしまいます。国内旅行でおすすめしたいのが、長野県飯山市です。北陸新幹線開業に伴い新幹線の駅ができたので、東京からのアクセスも簡単。国内旅行者用に駅からは観光バスも出ていますし、タクシーも捕まえやすいです。特におすすめなのが5月に行われる菜の花祭り、そして2月に行われる雪まつりです。まず、菜の花祭りですが、実はかの名曲「朧月夜」の舞台となっているほどに菜の花が一面に広がっており、菜の花に囲まれた迷路のような道を歩くことができます。山の多い地域ですので、丘の上からの景色も絶景。更に、運が良ければ桜と菜の花のコラボを見ることができます。絵が趣味な方もとってもスケッチのしがいがある風景です。国内旅行ならではの癒し効果も抜群です。次に2月に行われる雪まつり。飯山市は長野県の中でも有数の豪雪地域です。雪まつりの時期になるとメイン会場のほかにも商店街や広場など町中に雪像が創られます。種類も様々なので、地元に詳しくない国内旅行者の方も一周してみると楽しいですよ。お子様向けに雪の滑り台が創られますので是非スノーウェアをご持参ください。地域一体となっての大きなお祭りなので屋台もたくさんあります。尚江戸時代から続くうなぎ屋の老舗であり全国的にも有名な「本多うなぎ店」のうな重は絶品ですので、こちらも是非召し上がってみてくださいね。

国内旅行で日本海の夕日を見る

都会の雑踏を離れて自然を満喫するのは良いものです。海外に行かなくても国内旅行でも自然を楽しめる所は沢山あります。新潟で日本海の夕日を楽しむのもその一つです。新潟ならば都心から新幹線でわずか2時間ですから、一泊二日でも余裕のある旅が出来ます。これもまた国内旅行の特権です。春にはもやのかかった幻想的な海を眺め、夏にはキラキラ輝くエネルギッシュな海に感動し、秋には特に美しい夕日に見とれます。また冬には荒波に沈んで行く太陽を眺めると、心が洗われるような気がします。新潟港には朱鷺メッセという地上140メートルのコンベンションセンターがあり、その展望室から眺める海はまた格別です。夕方になると、大勢の観光客が夕日が西の海に沈む美しい光景に見とれています。夕日を眺め十分に海を楽しんだ後には、近くのピュア万代で地元の採れたて野菜やくだものを買ったり、佐渡産の新鮮な魚を使った美味しいお寿司が食べられる店もあります。夏場の特に混む時期を除けばホテルもとりやすく、費用も安くて国内旅行の穴場とも言えます。最近は海外からも観光客を招こうと各種のイベントを行うなどの試みがなされていますが、まずは国内旅行の好きな人たちに一度は来て欲しいところです。

東北地方の絶景を国内旅行で。

国内旅行の中でも東北が好きで、よく東京駅から東北新幹線に飛び乗ります。東北の素朴な風情が心を落ち着かせるのです。
中でもお気に入りは、銀山温泉から山寺のを巡る山形の旅。国内旅行を数々楽しんでいる自分ですが、銀山温泉に行くと一気に非日常に包まれ、仕事の疲れも全て癒されるのです。銀山温泉は温泉街の町並みが美しく異空間になります。そんなに広くないので、散歩するのがオススメです。たまたま迷い込んだ山の中に秘宝を祀ってある神社を見つけたり、訪問するたびに新たな発見があって実に面白いです。あまりに書いてしまうともったいないので、ぜひそこは自分の足で歩いて欲しいと思います。何度も訪問できるのが国内旅行の魅力でもあります。
そして必ず銀山温泉で癒されたあとは、山寺へ登ります。温泉で疲れを癒され、山寺にのぼり心が解放されるのです。
山寺の良さは、電車で行くとより味わえると個人的には思っています。ローカル電車のホームで座ってぼんやりと山形の山の景色を眺めているだけでも気持ちが落ち着くのです。山寺にのぼる階段は、思ったほど厳しくはありません。でも、頂上から眺める景色は絶景です。山寺だけでも最高ですが、銀山温泉とセットの旅、これは国内旅行の中でも最高のコースだと自負しています。

国内旅行で近畿地方へ

ゆっくりと旅行に時間をとれるときには、近畿地方に行きます。近畿地方は、国内旅行でも最高峰と言っても良いくらい、たくさんの観光地が密集しています。特に京都観光に時間を使うことが多いのですが、やはりお寺巡りは欠かせません。お寺の四季折々の姿を見たいので、何回も足を運んでしまいます。
特に紅葉で有名な京都の東福寺は本当に素晴らしく、橋の上から紅葉を見下ろすことができる、とても珍しい絶景ポイントです。東福寺は新緑の季節もそれは美しく、心が洗われるかのような清々しい気持ちになれるのでおすすめです。
国内旅行の醍醐味は、同じところに何度も行って、新しい発見をすることができるということですね。その場所に愛着がわいて、行けば行くほど好きになります。国内旅行ならではですね。
外国旅行が行きやすくなった今でも、国内旅行だって捨てたものではありません。
時間に余裕がある時には、貴船神社を訪れるのが楽しみです。ここも、新緑の季節と紅葉の季節とでは、雰囲気がガラリと変わります。
天気が良い日には、神様がおりてくるのではないかと思うくらい神々しい空気に包まれるのがたまりません。
他ではなかなか味わうことができない独特な雰囲気です。

国内旅行で山の絶景

国内旅行をするのが、私の生きがいにもなっていますが、とりわけ山の景色を見ると心がワクワクしてしまいます。
最近訪れたのは、乗鞍高原の絶景ポイントです。思わず、とりつかれてしまうようなパノラマを前にして、身動きができないほどの衝撃を受けることになりました。国内旅行を何度となく経験してきた私も完全にノックアウトされました。大自然というご馳走を心ゆくまで味わうことができたことに大満足しました。
戦場ヶ原の景色も数々の国内旅行を楽しんできた私にとっても、常に感激を与えてくれる場所の一つとして脳裏に刻まれています。遠くに見える夕焼けを見ると、太陽の偉大さを改めて感じることになります。いかに自分の存在が小さなものであるかということを気づかされることになります。国内旅行をすることの醍醐味を改めて感じることができるのも、やはり、自然のおりなす景色を目の当たりにした時です。日ごろは大都会の喧騒で生活している私にとって、山の景色は最高のご馳走なのです。
思い出の丘もお勧めします。日常生活において嫌なことがあった時には、思い出の丘を訪問することで、ちっぽけな自分自身の考えを改めて思い知らされることになるのではないでしょうか。
参考サイト